beansgunのOverwatchメモ

万年ブロンズプレイヤーがAIM研究やオーバーウォッチリーグを楽しみ、GundamEvolutionに浮気するブログ

OWL2022 Summer Show Down Week15 NAブリギッテ、ゲンジスタッツを見ていく。1位はやっぱりあの男。

overwatchleague.com
今週のGrav Bag。

当然のようにJQ Goatsメタ。JOATsとも呼ばれる。

フロリダがJQアナゼニを試していて、スコアは3-0でもSFS相手に結構戦えてました。このままゼニアナの可能性を追求して欲しいですね。さすがにゲンジ、ソジョーン以外何やってるかわからん。

ゲンジとソジョーンの画面が派手なのはいいのだけど、5人まとめて風切り入れられようが、ソジョーンの射線に入ろうがみんな体晒して戦わざるをえない。シャウトとルシオのスピブヒール範囲がせまく、盾持ってるブリも最前線行かないとならずグチャグチャ。DPSのキャラコンとAIM以外なんのミクロ戦術があるのかわからない。

昔のGOATSがチームメレーゲームの極地だったのは、6人が6人とも均等に大事な役割を背負って相互依存してたから。このメタはゲンジ、ソジョーン(アッシュ)の責任がかなり重い。次に重要なのがジャンカークイーンで、ルシブリの差はわかりづらい。誰かJOATsのわかりやすく面白い解説求む。

www.youtube.com
かなりキルログ稼いだHANBIN JQの個人視点が公開されてますが、常時多方向から被弾し続けて、これだけ立ち回りの正解かわからない個人視点もなかなかない。




さておき、まずはNAゲンジ30分以上、14人。ファイナルブロウソート。

以下のレーティンはダメージを1000で割って、ファイナルブロウ、竜撃剣キルを足してます。


1.Proper レート 22.61
ファイナルブロウ 10.08 (3位)
ダメージ 8650 (3位)
竜撃剣キル 3.88 (2位)
デス 5.60 (生存7位)


トレーサー、ソジョーンに続き、ゲンジでも他を圧倒する超大型新人Proper。
来年年俸跳ね上がりそうですね。1人でVANのチーム予算500K(6000万)ぐらいあってもおかしくない。



2.Checkmate レート 22.43
ファイナルブロウ 11.46 (1位)
ダメージ 7717 (9位)
竜撃剣キル 3.26 (5位 タイ)
デス 5.47 (生存6位)

2位はCheckmate。ダメージ9位ながら11.46というダントツのファイナルブロウはかなりのフォーカス嗅覚。前大会トレーサーでも大活躍なので去年からひとりチーム居残りも納得でかなり評価高まってます。


3.Decay レート 22.23
ファイナルブロウ 10.87 (2位)
ダメージ 8417 (5位)
竜撃剣キル 2.95 (8位)
デス 5.16 (生存3位)

チームは勝てないながらもLIP Kevsterに並ぶ天才プレイヤーDecay。しかし2022年のリーグともなるとトレーサーもゲンジもハイレベルで扱えて当たり前という感じ。今回生存率は反映させてませんが、それまで反映させるとゲンジトップ。


4.Kevster レート 21.78
ファイナルブロウ 9.19 (4位)
ダメージ 9247 (1位)
竜撃剣キル 3.35 (4位)
デス 5.76 (生存9位)


EUのNo1ゲンジといえばKevster。
ダメージはひとり9000超えのダントツ1位。
Kevsterがここまで火力出しながらチームは初週2連敗。


5.Pelican 20.74
ファイナルブロウ 9.07 (5位)
ダメージ 8294 (6位)
竜撃剣キル 3.38 (3位)
デス 5.34 (生存4位)


2021年のROTYは全て高スタッツでまとめて5位。


6.Yaki レート 20.25
ファイナルブロウ 8.42 (7位)
ダメージ 8781 (2位)
竜撃剣キル 3.05 (7位)
デス 5.02 (生存1位)

NYのエースはダメージ2位、生存1位。
NAではこの6人が上忍。


7.Doha レート 18.98
ファイナルブロウ 8.89 (6位)
ダメージ 7459 (12位)
竜撃剣キル 2.64 (10位)
デス 7.92 (生存13位 ワースト)

ファイナルブロウはそこそこあるものの、デスが多すぎてダメージと竜撃剣が伸びず。これまでSp9rk1eに比べパッシブな印象のDohaだが、体を晒すこのメタとは相性よくないか? GLA戦3-2でギリギリ辛勝。



8.K1ng(VAN) レート 18.51
ファイナルブロウ 7.84 (9位)
ダメージ 7411 (13位)
竜撃剣キル 3.26 (5位 タイ)
デス 5.79 (生存10位)

まだ顔もわからないVANの新人K1ngは中堅8位。


9.Nero レート 18.43
ファイナルブロウ 7.87 (8位)
ダメージ 7721 (8位)
竜撃剣キル 2.84 (9位)
デス 5.90 (生存11位)

Kick Of Crashで今季初のゲンジクラッチを見せたのはNero。とはいえリーグでゲンジの印象はあまりなく9位。


10.Sp9rk1e レート 18.07
ファイナルブロウ 7.14 (11位)
ダメージ 6930 (14位 ワースト)
竜撃剣キル 4.00 (1位)
デス 5.14 (生存2位)


竜撃剣1位は、お茶の間の大人気スターSp9rk1e。
これまでのアグレッシブな印象とは違い、ダメージワーストなもののひたすら生き残って竜撃剣で決めるスタイル。スタッツは伸び悩むもJOATsでこのスタイルも正しいのかNYEに3-1で勝利。チームもどっちのゲンジを使うか決めかねてそう。


 


11.Although(トロント) レート 17.95
ファイナルブロウ 7.64 (10位)
ダメージ 7856 (7位)
竜撃剣キル 2.46 (11位)
デス 5.73 (生存8位)

ゲンジも伸び悩むAlthough。Contendersで大活躍も、リーグに戻った印象はロンドン時代とそう変わらない。Altheughが成長した以上にリーグ全体もレベル底上げされてしまってるため。


12.Valentine  レート 17.22
ファイナルブロウ 6.35 (13位)
ダメージ 8548 (4位)
竜撃剣キル 2.33 (12位)
デス 5.40 (生存5位)

ダメージはハイレベルで4位。生存も5位。
これでファイナルブロウが13位なのは、フォーカス嗅覚が足りないのか、それともチーム差か?



13.Backbone レート 15.93
ファイナルブロウ 7.05 (12位)
ダメージ 7505 (11位)
竜撃剣キル 1.38 (14位  ワースト)
デス 6.13 (生存12位)

メイやゼニでも大活躍なBackboneだが、竜撃剣ワーストでリーグレベルのゲンジとはいかない?



14.Wub レート 15.53
ファイナルブロウ 6.26 (14位  ワースト)
ダメージ 7506 (10位)
竜撃剣キル 1.77 (13位)
デス 8.99 (生存14位  ワースト)

Wubも残念。
パリは次週 Contenders NA グランドファイナルチーム Odyssey+Wispと4人入れ替えで新生チームとなります。WubはMalthelと入れ替えられるだろう。


DohaとSp9rk1eがゲンジで不安定スタッツなのは意外でした。Valentineは今後もっと伸びて良さそうです。上忍 Proper Checkmate Decay Kevster Pelican Yaki の6人は文句なしの火影認定。





NAブリギッテ20分以上、13人。インスパイアタイム(範囲回復)ソート。

レーティングはダメージヒールを1000で割ってファイナルブロウを足します。
デスは反映してませんが、JOATs唯一の盾持ちで最前線張らないといけないため、全員デスが多いです。


1.Aztac  レート 19.37
ダメージ 3948 (6位)
ヒール 10501 (3位)
ファイナルブロウ 4.93 (1位)
デス 5.39 (生存2位)

本職はFlexサポながら、立ち回りよく生存しファイナルブロウをダントツで稼ぎ、ヒールも10000台で回すという大活躍で1位。このメタのVANに期待が持てます。


2.Skewed  レート 18.95
ダメージ 4434 (2位)
ヒール 9980 (5位)
ファイナルブロウ 4.54 (2位)
デス 5.41 (生存3位)

本職でブリギッテの評価高いSkewedが全て高スタッツで2位。


3.Lastro  レート 18.77
ダメージ 4296 (3位)
ヒール 11191 (1位)
ファイナルブロウ 3.29 (11位)
デス 5.69 (生存4位)

フレックスもルシオもこなすLastroがヒール11000超えの1位。
今回はSkewedとLastro以外はみんなフレックスサポがブリ担当で、メインサポ2人揃えてるチームが少ないため当然かも。


4.Fielder  レート 18.37
ダメージ 3921 (7位)
ヒール 11050 (2位)
ファイナルブロウ 3.40 (9位)
デス 5.85 (生存5位)

ゼニ、アナのプレイスタイルと似てて、今回はブリギッテでもヒールの鬼となって本職でもないに関わらずヒール11000超えの2位。火力より死なずにヒール回すプレイスタイルはブリギッテの役割と噛み合ってそうですね。


ダラスにはNo1 ブリギッテ使いChiyoがいるのですが、よりキャラクターコントロールの難しいルシオを担当してるため残念ながらブリギッテ出場は無し。


5.Ultraviolet  レート 17.95
ダメージ 3906 (8位)
ヒール 10395 (4位)
ファイナルブロウ 3.65 (6位)
デス 6.90 (生存12位)

デスは多いもののヒール10000台の4位。
ヒール10000超えはLastro Fileder Aztac Ultravioletの4人。



6.Twilight  レート 17.91
ダメージ 4547 (1位)
ヒール 9470 (8位)
ファイナルブロウ 3.90 (4位)
デス 6.37 (生存11位)

デスは多いものの、ダメージ1位、ファイナルブロウ4位とブリギッテでもやはり攻撃的なTwilight。まさかGoatsもどきでHaksalが担当してたブリギッテをするとは思わなかったでしょう。


7.Gangnamjin  レート 17.38
ダメージ 4101 (4位 タイ)
ヒール 9705 (6位)
ファイナルブロウ 3.58 (8位)
デス 4.93 (生存1位)

生存1位でダメージ稼ぐGNJ。



8.Vigilante  レート 17.19
ダメージ 4101 (4位 タイ)
ヒール 9146 (9位)
ファイナルブロウ 3.95 (3位)
デス 6.25 (生存9位)

ファイナルブロウも稼ぐ攻撃的なVigilante。



9.MCD  レート 16.80
ダメージ 3717 (9位)
ヒール 9502 (7位)
ファイナルブロウ 3.59 (7位)
デス 5.91 (生存6位)

そこそこまとまってるMCD。
ここまではヒール9000台の中堅で、そう差はつかないブリギッテ。
以下の4人は結構差がでます。



10.Rupal  レート 15.81
ダメージ 3360 (12位)
ヒール 8606 (11位)
ファイナルブロウ 3.85 (5位)
デス 6.15 (生存8位)

ファイナルブロウ狙うも、まだブリギッテの立ち回りが心もとないRupal。


11.Landon  レート 15.28
ダメージ 3651 (10位)
ヒール 8319 (13位 ワースト)
ファイナルブロウ 3.31 (10位)
デス 6.32 (生存10位)

Landonはヒールワースト。


12.Kaan  レート 14.85
ダメージ 3474 (11位)
ヒール 8758 (10位)
ファイナルブロウ 2.62 (13位 ワースト)
デス 8.68 (生存13位)

デスが1人8点台のKaan。
まあチームがボロボロなんでしょうがないですね。



13.Finn  レート 14.34
ダメージ 3069 (13位 ワースト) 
ヒール 8517 (12位)
ファイナルブロウ 2.76 (12位)
デス 6.13 (生存7位)

ボロボロのパリを下回る最下位は意外にもショックのFinn。アナゼニもスタッツが高くないので、数字上では今季ショックの弱点となりえますね。SFS優勝に向けて補強が必要でしょうか?


Goats時代のブリギッテはフレックスDPSが担当してたので、数宇でないブリギッテは余ったDPSプレイヤーで検討しても良さそうです。上位4人のAztac Skewed  Lastro Fielder は文句なし。


HANBINがかなり強そうなジャンカークイーンのスタッツも見たかったですが、今後を待ちましょう。

今週はEast戦も開幕なので、ぜひEastのチームのどこかがJOATsをぶっ壊してほしいところ。でなければ最後のCountDownCupもJOATsメタは確定。プレイオフには新キャラ投入が間に合ってるはずですが、果たしてそれでJOATsがなくなるかどうか。新サポはスピブの噂もあるので単にルシオかブリと入れ替えたJOATsになるだけかもしれません。