Overwatchメモ

センシの森に迷い込んでるシルバーウォッチのログ

モンゴリアンスタイルでOverWatchプレイしてます

D3watchで知ったのですが、メイ専でモンゴリアンスタイルのプレイヤーがNA1位取ったらしいです。

f:id:BeansGun:20181020050935j:plain

(10/20 のNAトップ10。ずっと維持してますね。)

モンゴリアンスタイルって何かと言うと、左手コントローラーで右手マウスを使うこんなかんじの奴。語源はよくわからないです。

【PS4 PS3 PC対応】タクティカルアサルトコマンダー G1 for PS4/PS3/PC
 


動画で手元が見れるそうです。 

https://www.twitch.tv/videos/318423875?t=6m

f:id:BeansGun:20181010035122j:plain

ってこれ、PS3のナビゲーションコントローラですね。

もう作られてないと思うけど在庫あるの? 

一応あるのか。でもたけーよ!!
なかなかレアというか、確かに片手コントローラーとして一番質が高いし、机に小指置かなくていいから指も痛くなりにくそう。


といいつつ僕もモンゴリアンスタイルプレイヤーです。
プレステとかでしかゲームやってなかったから、PCでオーバーウォッチやるのにキーボードは抵抗あったんですよね。

PC版のオーバーウォッチは元々ゲームパッドにも対応していて、 こういうXinput系のWindows対応コントローラーがすぐ使えます。マウスと同時の操作もできます。。が、確かハンゾーともう一つ何かのキャラのスキルで不具合あるんですよね。ソナーとスキャットと通常矢がぐるぐる高速で切り替わるバグ。コントローラー操作と、マウス操作が別物らしく、同時に動かすと高速でスキルが切り替わり続ける。ゼニも同じように不和と調和が同じボタンでぐるぐる切り替わり続けます。他のキャラは別に問題なかったですが。

なので僕はPS2コントローラーをJoyToKeyと以下のコンバーター通してキーボード変換して使ってます。

PS3コントローラーでもいいのですが、PS3からはL2ボタンが深いレバー式なので、PS2までの浅いボタンがいいんですよね。 その方が早く反応できるし連打するにも疲れない。

注意点として、片手でコントローラー持ち続けられないので、机に持ち手を置くことになります。すると左手の小指に重さが全部乗っかて長時間のプレイは痛くなるので、肘掛けに腕の重さを預けたり、柔らかめのマウスパッドやタオルを指の下に置くことですかね。ふとももの上に置くのもあり。

あと左手コントローラーだけではボタン足りないので、多ボタンマウスが必要になります。僕が使ってるのはG900(G903)。

設定はこんな感じですね。

f:id:BeansGun:20181010042823j:plain

f:id:BeansGun:20181010044120j:plain

これを基本に、特殊なキャラだけちょっといじったりします。
トールビョンとマーシーは、ウルト報告潰してタレット置いたり、リザレクション入れたりしますね。

この配置の一番の特徴は、射撃をマウスではなくコントローラーに割り振っている所。マウスはAIMだけに集中することができます。

何を言っているのかと言うと、オーバーウォッチはトレーサー、ソルジャー、ザリアなどトラッキング系AIMも意外と多く、それらは普通マウスをクリックで押し続けて動かさなければいけません。これは当然摩擦に影響します。

摩擦が増えるのは、抵抗が増えるほうがより正確なトラッキングAIMをしたいときに有効でもあり、抵抗が大きくなりすぎて手首が疲れやすくなったり、抵抗が増えることで逆にAIMに悪影響となることもあります。

それは結局マウスとマウスパッドの抵抗や大きさ重さ、センシなどいろんなパラメーターによるのですが、射撃をパッド側にするかどうかによって、もうひとつ調整できるパラメーターができるわけです。

ラッキングAIMの抵抗をもっとなくしたい、特につまみ持ちの繊細さを最大限活かしたい場合にはコントローラーで射撃するのも手段のひとつでしょう。例えばOsuのトップレベルプレイヤーはマウスのクリック連打で譜面に追いつくのは不可能なので、叩くのはキーボード、マウスはトラッキングAIMに特化しています。

普通にトラッキングAIMの抵抗を増やした方がAIM正確になる場合は、いつもどおりマウスにメイン、サブ射撃、コントローラーにジャンプ、しゃがみを入れ替えるとOK。これはモンゴリアンスタイルの話だけではなく、キーボードでもスペースとシフトを左クリック、右クリックに入れ替えることで同じことができるかもしれません。もちろん、2つの射撃と、ジャンプしゃがみを入れ替えて慣れるには時間と勇気がいりますが。*1

コンシューマープレイヤーからの移行ならわりと馴染みやすい設定ですし、ウルトやスキルの誤爆もなくなります。ボタンも過不足無い。

と言っても、モンゴリアンスタイルがあまりオススメできない所は、
「多ボタンマウスが必要で、購入するゲーミングマウスの選択肢が限られてしまう」
「他の新しいFPSゲームごとに設定するのは面倒くさい」
たいていのゲーミングマウスは一度設定すればゲームごとのメモリー機能はあるけどその最初の設定がね。
「チャット打つのにキーボードへ持ち変える必要がある」
「オフライン大会でJoytokeyなどのソフト使用を許してくれるかわからない」
Joytokey要らない360コントローラー使う手はありますが、ハンゾーゼニが使えなくなります。(いつかバグ治ればいいけど)
あたりでしょうね。
なので基本的には標準のキーボードでプレイするのをオススメします。

ただ、楽ですよね。モンゴリアンスタイル。

実はOverWatchのプレイ2年半で、安物のPS3互換コントローラー2つ潰して、スティックやボタンの反応が悪くなり、行き着いたのはPS2純正コントローラーでした。長いゲーム人生でコントローラー潰すなんてめったになかったのですが、まさか1つのゲームで3つめのパッド使うとは思わなかった。やっぱPS純正コントローラーが一番しっかりしてますね。

CIRCCIのナビコンはもっと楽そうなんだけど、もう作られてないせいか高い、、、

追記:ありがたいことにTwitterで情報教えてもらいました。


XInput Plusなんてものがあるんですね。
調べてみます。

OWモンゴリアンスタイルの悩み解決 : Lunalog

なるほど、Xinput PlusでXinput入力を無効化してJoytoKeyで代替えさせるわけですね。いま実際試したらうまくいきました。360コントローラーは持ってるんですがOWだと自動的にXinput形式になってハンゾーゼニが解決できなかった。これで使えるコントローラーの幅も広がりますね。情報ありがとうございます。

*1:ちなみにこの記事書いたときは、つまみ持ちに挑戦してたのでこの配置でそれなりに悪くなかったのですが、つまみ持ちのハイセンシは30分ボット撃ちしないとなかなか安定した調子でてこないので、かぶせ持ちの射撃マウスに戻しました。