beansgunのOverwatchメモ

シルバーレートがオーバーウォッチにおけるAIMを考察するブログ

OverWatch のバトルタグ付けたあと後悔すること

1.「ハンゾー専」など、キャラの名前で固定する

本気でずっとそのキャラしか使わないならいいのですし、そのつもりで名前付けたかもしれませんが、みんながワントリックプレイヤーな訳ありません。そのうちハンゾー専なのにソンブラ使ったり、トレーサー使ったりで違和感が出てきます。

また、ハンゾートロールのネタのつもりで付けた名前でも、ナーフ、バフ、リワークなどで立ち位置が変わり、このゲームは急にメタキャラになったりもします。

2.「さかなくん」など日本語名にする

PC版は、ロシア、韓国、台湾、香港、シンガポール、東南アジアなど色んな国と繋がります。英語でVCやるにもチャットやるにも、相手から「名前が読めない」という弊害が発生します。あえて読ませたくないならいいのですが。

また、もしプロチームに入ったりContendersに出場したりするような人であれば、大会視聴的に英語表記の方が好ましいです。後から変えてもいいのですが最初から英字で統一しておいたほうが無難。Open Division の大会もたまに公式配信あるので実況、解説が名前呼びやすいほうがいいですしね。

3.「PPAP」など流行りの一発ネタにする

その流行終わったらどうすんの、、、
バトルタグが恥ずかしくなってゲーム遠ざかるのは避けたい。

4.「Mendokusaii」など、呼びづらい長い名前にする

チームだったら「メンドー」とか、大会でも名前が知られたらそう略されるでしょうけど、野良や、初顔合わせ、まだ有名でない選手だとそうは行きません。名前が長いとか呼びづらいというのは、1msを競うゲームで「報告も遅れやすい」事になってしまいます。

この意味では短縮もできない「WhoRU」(フーアーユー)も3アクセントかつ「ー」の長音符が多くアウト。Mano,Shaz,Ado,Sky,Pineあたりが1アクセントで言えて「ー」がなくOverWatchでやりやすい名前ですね。基本的に喋りが追いつかない実況、解説にも優しい。

僕の「BeansGun(ビンズガン)」も2アクセントあって今考えると失敗したな。1アクセントで報告しやすい短い名前がベスト。

5.長い名前は敵に発見されやすい?

頭の上に名前が表示されるので、名前が長いだと発見されやすそうですよね。
確かバトルタグは最低3文字だった気がします。

ゲームの仕様的には、名前が表示される条件として
・ダメージを当てる
・15m以内で敵の輪郭が1ドットでも見えてる

のどちらかの条件が必要なので、ダメージを受けず、頭まできっちり隠れていれば、名前だけぴょこんと物陰から表示されることはないです。

なのであまり長さを気にする必要はないのですが、それでも名前が表示された時に長い名前のほうが表示多い分、気持ちちょっとだけ追われやすいかもしれません。数ドットはみ出した輪郭は見過ごしても、名前は見過ごさないですしね。

6.バトルタグは1度だけ無料で変更できる

PS4版はPS4アカウントと紐付けられてるので、PC版の話です。
名前をコロコロ変えるのは他人から見て個体認識しづらいので本来推奨されませんが、一度でぴったりな名前を決めれる人は多くないわけで、1度だけ無料で変更を許可されています。2度目以降の変更も10ドルで可能のようです。

us.shop.battle.net


まあ、といってもゲームですし、このあたり理解した上で 一発ネタもキャラ固定の名前も日本語名もありかなと思います。その方が楽しくて自分のアイデンティティ出せますしね。