beansgunのOverwatchメモ

シルバーレートがオーバーウォッチにおけるAIMを考察するブログ

OWL でいろいろ選手トレード発生してるがどう落ち着くか

d3watch.net

いつも愛読してるD3watchを見てると、選手のトレードや加入がさかんに行われてる模様。ヴァリアントはほんとにチーム内コミュニケーション重視から韓国人で揃えるつもりでしょうか? フランスなまり英語と韓国なまり英語の壁は思ったより厚い? 確かにOWL前のRougeとMisfitsはフランス、スウェーデンロスター固めるトレードしてお互いうまくいきましたが、、。逆に上海は中国3人、韓国3人でうまくコミュニケーション取れてるのか不安。

トレードはステージ3始まる前までということで、シーズン中、以降の選手獲得、加入ができないため万一の控えや、残るステージ4までのメタ変化対策はここで獲得しておく必要があります。

ステージ2はロンドンのRascalがダラスに入りましたが、ロンドンの選手からはそのピック幅が今後のメタで活躍する可能性を考慮して惜しむ声もありました。実際ステージ2でピックしたソンブラ、メイは、ステージ3に入る現行パッチでバフされて(メイはともかく) ステージ3のメタに組み込まれるでしょう。

続く最終のステージ4も現行のPTRパッチあたりが来ると予想できるので、リーパー、メイのさらなる強化、ブリギッテ参入あたりでロスターを調整しておけばいいかと。来週のステージ3まで時間はわずかですが。

ステージ4にハンゾーのリワークはまだこないかな??

 

話変わって3大韓国チームのNY、ロンドン、ソウルですが、成績はNYがトップでロンドン、ソウルは比べると不安定さがあります。ただNYはPINEとLIBEROが変わるぐらいでほぼロスター固定なのに対し、ロンドン、ソウルは余裕のある試合で結構控えの選手を出してきてそこで負けたりするんですね。

最初からベストメンバー固定でやらないのは、序盤でいろんな作戦を試したいとか、組み合わせを試したいとか、本命の対韓国チーム相手に手の内見せたくないとかそういう理由かと思うのですが、実はこの「トレードで控えの選手を売りたい」という目的もあるのかなと。

金銭トレードがOKならオーナーがそう考えてもおかしくないのでは?
控えの選手で他のチームに勝つことによって、控えの選手の価値があがり高く売れる。むしろ自分の選手を相手チームに売るというのは、そのチームのいろんな作戦や情報も一緒に売るということにつながるから、こうやってトレードが成立するなら手の内見せたくないために控えの選手を使うという理由はあまり考えにくくなる。

NYの成績がいいのはメンバー固定というのが一理あると思いますが、逆にソウルやロンドンはトレード考慮で控えの選手を活躍させてたところもあるのかなとも思いました。チーム運営に対して金銭トレードがどれほどのものか、金額次第ですけどね。