beansgunのOverwatchメモ

シルバーレートがオーバーウォッチにおけるAIMを考察するブログ

さよならBaconjack

f:id:BeansGun:20201018203244j:plain

Baconjack - Liquipedia Overwatch Wiki

d3watch.gg

推しのBaconjackがOWを去る。

去年のGoats時代はYangXiaoLongの控え。
今年はLEAVEの控えとして主にウィドウを扱ってた。
ウィドウで撃ち合えてはいたが、トップウィドウたちに撃ち勝ってはない。

僕が推しになったきっかけはOWLがまだなかった時代、台湾で行われるパシフィックリーグやワールドカップでの活躍。そのときのトレーサーは韓国APEX選手にも引けを取らないどころか、世界一トレーサーに思えました。海外チーム見始めた最初の頃ゆえ、思い出補正があるかもしれないが、今季トレーサーで活躍したSTRIKER、Shax、Yakiなどに決して劣らない腕だったと思う。


だが今季はトレーサーとしての出番はなし。
去年はGoats、2盾でトレーサーの出る幕はなかった。
、、が、意外と1時間は使っていた。

f:id:BeansGun:20201018143336p:plain

1時間というと3map分だが、さすがに当時のGoatsや2盾相手にフルに使うわけもなく、特定のポイントや復帰に使うぐらいで映像記録もあまりない。(あまりカメラに抜かれる選手でもない)ので言葉で補足しながら語っていこう。

The Overwatch League - Stats Lab: Players

f:id:BeansGun:20201019140328p:plain

公式 STATS LABで、2019-2020トレーサー使用54分以上で抽出すると、Baconjackはファイナルブロウ5位、エリミネーション10位、なのになぜかヒーローダメージは26位である。 

これはGoats時代にトレーサー使うプレイヤーがほぼなく、2020年のトレーサーたちと比較しなければいけないので正確な比較ではない。よくいえばアーマー、シールド、マトリクスだらけでパルスピストルが通らない中、26位のダメージで5位のファイナルブロウを得る腕前とも取れる。Baconjackが今季トレーサーをメインで使ってたら2020だけで比較できたのだが。


2019 Stage2   Toronto Defiant VS Chengdu Hunters 

https://www.twitch.tv/videos/392125300?t=1m10s

Baconトレーサーは 1分-7分まで。

わずか6分間で、あまり映ってないうえ、このMap結局負けちゃうんだけど、第2までBaconトレーサーが火力を出しまくっていたのをULTゲージなどで確認して欲しい。というのも、シーズンパスで個人視点が見れたtwitch時代なので、ここのウィンストンGosats相手に無双するBaconトレーサーをずっと堪能してたのは日本で僕ぐらいじゃないだろうか。

Goatsはブリギッテとルシオのヒールが常時入ってるので、キルログが流れまくるわけではないが、まさかのトレーサーがGoatsに通用する可能性を見れて、今後の期待に繋がる試合だった。


Game 3 CHD @ PAR | Stage 2 Week 1

https://www.twitch.tv/videos/407347588?t=2m

2分-5分 と
2周め22分の攻め。

使用4分ぐらいだが、この試合パリ相手に4-0で完勝する。
まだパリに韓国人選手がいなかった時代とはいえ、ハムでメタを荒らす台風の目となってた頃だ。

Game 4 CDH @ SFS | Stage 4 Week 4

https://www.twitch.tv/videos/468282769?t=12m50s

12分50秒-17分

こちらも5分程度。Stage4は222ロックが始まり、すでに王者SFSは完成され敵はヴァンクーバーのみという時代。パンダは当然SFSにボコボコにされる。

しかしBaconトレーサーは王者に一矢報いるのだ。Mapは落として負けてしまうが2019オールシーズンオフメタのトレーサーで、ここまで食らいついたBaconを讃えたい。

 




今季トレーサーは復帰ぐらいでしか出してないので、ここからはOWLより前の昔話。
Baconの動画でBacon以外を語ろう。


Overwatch Pacific Championship 2017 - Season 1 - Liquipedia Overwatch Wiki

OWLはじまる1年前。Contenders PACの前身とも言える、台湾主催の太平洋8チームで3ヶ月のリーグ。

レイオフ決勝は台湾 FlashWolves 対 オーストラリア代表のBLANK esports。ダラスのメインタンクTrillもいる。FlashWolvesはBaconjackとライバルチームだったZONDAが合流した台湾最強チームだ。オーストラリアも台湾もほぼこの2チームからワールドカップ選手が選ばれてる。

FW vs BLK | W2D1 Match 1 | OPC S1 PLAYOFF(リンク切れ)

FW vs BLK | W2D1 Match 2 | OPC S1 PLAYOFF

FW vs BLK | W2D1 Match 3 | OPC S1 PLAYOFF

FW vs BLK | W2D1 Match 4 | OPC S1 PLAYOFF

ダイブ構成にソルジャー加えるとか懐かしい。


このリーグは日本からも2チームが参戦。

f:id:BeansGun:20201019063726p:plain
国内優勝を果たしたSunSisterにはXQQ選手も加入。

f:id:BeansGun:20201019063706p:plainf:id:BeansGun:20201019063718p:plain
DeToNatorからは国内ハイレート選手を勧誘した新チームで参戦。AmeKen選手 SamuraiDeeper選手も所属して、SABAGOD選手はリーグ終盤からの加入です。

f:id:BeansGun:20201019063732p:plain

とはいえ結果はボロボロ。esports元年と言われる日本からはまだ世界の壁が厚かった。若い選手たちでいきなり海外生活3ヶ月というのもハードル高かったでしょう。しかし、XQQコーチを含めた4人は1年後、CYCLOPS athlete gaming としてパシフィックを席巻することになります。台湾で3ヶ月ボコボコにされたのが糧となったかもしれません。 

www.youtube.com

実は日本チームがボコボコにされるの見たくなくて、このリーグ追うのやめたんですが、今見るとなんか新鮮です。

 

Overwatch Pacific Championship 2017 - Season 2 - Liquipedia Overwatch Wiki

リーグはシーズン2まで続きます。期間は2ヶ月に短縮。
入れ替わりが2チーム。

f:id:BeansGun:20201019074924p:plainf:id:BeansGun:20201019074943p:plain

パシフィック予選から勝ち上がってきたのは当時日本国内最強のLibalent Supreme。
後にCYCLOPS athlete gaming へ移籍する5人目、 jasperさんが所属していますね。

f:id:BeansGun:20201019075216p:plainf:id:BeansGun:20201019075227p:plain

もう1チーム予選を勝ち上がったのは韓国のArdeont。
今では現役リーガーの、
diem
Erster
Michelle
ANAMO
JEFF(AIMGOD)
smurf
の6人が勢揃い。当時は誰の名前も見たことなかったですが
今見るとこんなの絶対ずるい!!
このときsmurfはオフタンク控えだったんですね。

f:id:BeansGun:20201019075834p:plain
当然のようにレギュラーシーズンは14連勝。落としたマップは2つのみ。
Flash Wolvesも11勝と強いのですがArdeontには全く歯が立ちません。

f:id:BeansGun:20201019075952p:plain
レイオフスコアも圧勝としかいいようがない。

当時結果を聞いたときは「韓国Apexリーグで勝てないチームがPAC荒らしに来たのかな? 」とか思ってたんですが、今メンバー見なおしたらApex優勝すら狙えそうなチームでした。ちなみにPAC APEXどっちも優勝賞金1000万円。ウォンと台湾ドルの為替差で数十万ほどPACの方が得。

www.youtube.com

そのプレイオフ決勝。
FlashWolves VS Ardeont。

なるほど。リーグの印象しかなかったけど、この時代のdiemはトレーサー使いだったのか。この動画のBaconが一番カメラ映ってて活躍がわかりやすいです。圧倒的チーム差があっても全体的にdiemトレーサーを上回り、将来のリーガーチーム相手に大健闘といっていいでしょう。


f:id:BeansGun:20201019082012p:plain

このあとArdeontは解散してメンバーは中国のLucky Future Zenithへ移籍。
Marve1 と iDKを加えて中国のContenders2シーズンほぼ無敗で荒らしまくりOWL入りとなります。


それにしてもパンダ。去年トレーサーはオフメタ、今季はLEAVEがいたとはいえ、これだけ火力出せるBaconトレの起用が今季一度もなかった事は悔やまれます。スクリムの結果が良くなかったのか? 

ファンボーイとしてはRUIコーチに文句のひとつも言ってやりたいですが、起用がなかったわけではなく、ウィドウで抜くという重要な使命を与えられ、そこで圧倒的成果が欲しかったところでしょうか。今季ずっと迷走していたパンダ運用の難しさを感じますね。

Baconは学業の道に進むということで、実はリーグトップレベルにも負けない台湾トレーサーがいたんだよ、ということをここに記録しつつ送り出そうと思います。

培根加油!