OWL 2022 Week4までのソルジャースタッツを見る

overwatchleague.com
ちょうど前回の記事がカメラでところどころ映る印象だけでソルジャー立ち回り評価したので、実際の数値はどうなのか答え合わせ。


プレイタイムでソートされてます。60分以上はこの23人。
(カラーハイライトは元記事での言及関連なので気にせずに。)

ソルジャーはヘッショも狙えて、プロジェクタイルのロケットもあり、キルタイム長いOWで重用なトラッキングAIMランキングとしてもうってつけです。

注目はトラッキングAIMとしてのダメージ。(平均9652)
次にリスク取る立ち回りのセンスやチーム力にも関わる
ファイナルブロウ(平均8.76)、
デス率(平均5.48)。
この指標で改めてソートし直してみましょう。


===ダントツ文句なし
1.Proper 11.658/11.01 D:4.25

===AIM 立ち回り チーム力共に文句なし
2.Kilo 10291/10.88 D:4.25
3.Carpe 10431/10.83 D:5.01
4.LIP 10509/10.90 D:5.30
5.kevster 10261/9.17 D:3.97

===立ち回りかチーム戦術でひとつ劣るもののハイレベル。
6.Heesu 9935/10.35 D:5.18
7.Victoria 10608/7.35 D:4.64
8.Happy 10513/7.85 D:4.96
9.Kai 9360/8.93 D:4.18

===ここがリーグソルジャーの平均
10.Fits 9542/8.91 D:4.88
11.Sparkr 9598/8.64 D:4.58
12.Shockwave 9737/7.95 D:4.64
13.Mer1t 9672/9.27 D:5.72
14.Hydron 9283/9.49 D:5.90

===トラッキング 立ち回り チーム戦術 どこかに問題あり
15.Shy 10279/8.22 D:6.15
17.Leave 9445/9.10 D:6.94
16.Striker 9077/8.53 D:5.01
18.Flora 9735/6.03 D:5.92
19.Glister 9617/7.51 D:7.60
20.Edison 8829/9.87 D:7.07
21.Diya 8043/7.77 D:5.73

22.Patiphan 9553/7.13 D:6.92
23.Develop 8029/5.80 D:7.03



1.Proper DM:11658 FB:11.01 D:4.25

前回トレーサーなみにアグレッシブ過ぎてリスク高いソルジャーと評しましたが、そのハイリスクをイカれたAIMで正解にしてしまうパワー。63分の参考値とはいえダメージ2位に1000以上差をつける最新OWL2022のさらにネクストレベルプレイヤー。現状MVPもROTYも優勝も総ナメにしそうな勢い。


2.Kilo DM:10291 FB:10.88 D:4.25

Properの前にはかすみがちながら、Kiloもチーム戦術とガッチリ噛み合いトップレベルの数値。SFSはまずチームとして強いですね。



3.Carpe DM:10431 FB:10.83 D:5.01

今季ロスターをZest MN3に奪われ、今はコントロールソルジャーのレジェンドCarpe。それでも衰えを見せない数値を叩き出す。MN3の数値も見たかったが60分未満のもよう。



4.LIP DM:10509 FB:10.90 D:5.30

去年のプレイオフMVPとしてはEastゲンジ達に苦戦し平均デスに近いLIP。
それでもリスク高いソンブラのような立ち回りをイカれたAIMで正解にしてしまうパワーは健在。


5.Kevster DM:10261 FB:9.17 D:3.97

どのキャラもトップレベルでこなすスウェーデンの天才プレイヤーKevster。第4週でPatiphanとソルジャーを交代してからが真のGLA文句ない数値のうえ生存率1位ではあるが、ソル出場2戦のうち1つはソルジャーに好きに撃たせてしまうロンドンのハルト構成だったのも考慮。



6.Heesu DM:9935 FB:10.35 D:5.18

ダメージ1万にこそ届かないものの全て平均以上のハイレベルHeesu。


7.Victoria DM:10608 FB:7.35 D:4.64

実はダメージ2位がボストンVictoria。生存率も高い。
ファイナルブロウが平均(8.76)より低いのはボストンがウィンストン構成でほとんど勝ててない事や、Valentineトレが1人でバックラインに離れてる事もあり、可能性を評価。


8.Happy DM:10513 FB:7.85 D:4.96

こちらもトップレベルダメージの割にFBが平均より低いHappy。
これもHappyのセンスというより、Decayトレーサーがバックライン1人で戦ってソロキルしまくってる要因がある。Decayトレは異次元だが、それでは前線やバックライン負けてしまいがちで「戦術Decay」が不安定なワシントン。


9.Kai DM:9360 FB:8.93 D:4.18

生存2位でダメージは平均を下回る正面パッシブなKai。
後ろから安定した生存力で手堅い仕事をこなすものの、OW2で優勝するにはもう少しリスクを取ってさばきたい所。


10.Fits DM:9542 FB:8.91 D:4.88

ソルジャーとしては平均的な数値のFits。



11.Sparkr DM:9598 FB:8.64 D:4.58

ソルジャーとしては平均的な数値のSparkr。

 


12.Shockwave DM:9737 FB:7.95 D:4.64

ソルジャーとしては平均的な数値のShockwave
0勝で平均値を出せてるのは評価に値する。

 


13.Mer1t DM:9672 FB:9.27 D:5.72

ソルジャーとしては平均的な数値のMer1t。
ヒューストンのナノはPelican Dantehに集中しMer1tは基本ナノもらわない運用なので、それで平均なら個人能力高いかもしれない。

 


14.Hydron DM:9283 FB:9.49 D:5.90

ダメージが生存が平均より低く、FBが高いHydron。
前回アナルシオと3人小隊で動いてるのを評価したが、パッシブでダメージでないのは仕方ないものの意外とデスが多い。この表には「ファーストデス」というもうひとつ重要な指標がないため、数字の印象と違い高いファイナルブロウを出しているとも考えられる。あとSirMajedアナがやたら攻撃的でハイリスクというのも一考。結果はWest4位でトーナメント進出。



15.Shy DM:10279 FB:8.22 D:6.15

中国一のスナイパーShyは1万超えのダメージを出すもデス6.15を記録。AIMよくてもハイリスクな立ち回りでファーストデスを重ねるソルジャー運用は苦戦を強いられる。ダメージ通り爆発力はあって、Shyが先に死んでもROTYの候補に上がるAlphaYiとGuxueウィンストンが巻き返してくれてるため、不安定ながらEast1位通過。Sparkとしては初の快挙。


17.Leave DM:9445 FB:9.10 D:6.94

去年のシーズンMVP Leaveは高いFBとは裏腹に不名誉なデス6.94。
それでも死んでる印象ないのは相方のJinmuが先落ちしすぎてるため。第4週はJinmuに合わせて得意の速攻ラッシュにかじを切ってあたりあい多くなったぶん、さらにデス増加につながっているかもしれない。パンダには毎年の事ともいえるが、このパッチで安定したメタや勝ち方を物にできずトーナメント進出ならず。


16.Striker DM:9077 FB:8.53 D:5.01

トレーサーOTPとも言われるStrikerソルは消極的な数値。今季わずか2戦でのチームリリース。去年のSFSでも存在感を示せなかったので、リーグに戻ってくるにはContendersでよほど成果を上げないと難しいかもしれない。


18.Flora DM:9735 FB:6.03 D:5.92

前回立ち回りとファーストデスをひどく酷評したFlora。FBがワースト2位だが、それにしてはダメージデスが平均を保ってる。AIMはよく、チームが噛み合えばまだ可能性あるかもしれない。


19.Glister DM:9617 FB:7.51 D:7.60

ダイブ相手にもサイド取りすぎ、狩られすぎてデスワースト7.60を記録するGlister。今季パリ不調の一因にも見えるのでNagaは残しておきたかった。

 


20.Edison DM:8829 FB:9.87 D:7.07

60分ギリギリの参考値ではあるが高いFBとは裏腹に、デス7.07、ダメージ8000台のEdison。ダメージ8000台は3人。あまりにもアグレッシブにキルを取りに行くためやはりソルジャーよりリーパーなのだろう。ダラスはSp9rk1e DOHAもソルジャーを使ってるが60分未満で数値みれず。

 


21.Diya DM:8043 FB:7.77 D:5.73

大会予選最終でVALの初勝利を飾り、宣材写真加工の疑いがあるエースDiya

しかしダメージは平均より1600も低いワーストレベル。
ソルジャーとしてアナより後ろの立ち位置が多いのはまずかった。
次の大会はソルジャーナーフされて別ロールの可能性あるとはいえ、この数値が続くとBecky  inovationの控えになりかねない。



22.Patiphan DM:9553 FB:7.13 D:6.92

ソルジャーでの裏取りがとことん刺さらず、全て平均を下回るタイの神童Patiphan。GLAの不安材料だが、ANSのピックプールも広くないため、Patiphanが今季どれだけOW復帰に適応していくかが勝負の分かれ目となりそうだ。


23.Develop DM:8029 FB:5.80 D:7.03

Diyaに並び8000も切りそうなダメージワーストはDevelop。FBもひとりだけ6を切るワーストを記録。デスも7台でいいとこなし。ウィドウに関してはそれなりに見せ場を作ったのでスナイパーでのスポット活用はあるだろう。ソルジャーはEileenを試すべきだった。チームとしてはタンク負けしてる場面も見受けられ、ChoiSehwan Farwayの活躍以外問題山積みかもしれない。