beansgunのOverwatchメモ

シルバーレートがオーバーウォッチにおけるAIMを考察するブログ

2019 OWL Stage1 プレイオフ感想

Overwatch League - 2019 Stage 1 Playoffs - Liquipedia Overwatch Wiki
f:id:BeansGun:20190331001801j:plain

Stage2が始まる前に感想書き残しておく。
レイオフも意外な結果が多かった。

QuarterFinals


f:id:BeansGun:20190301044647p:plain3vs1 f:id:BeansGun:20190301044633p:plain

https://www.twitch.tv/videos/399197895


初戦がまさかの大波乱。
ソウルは第3週でNYに惨敗してるのでこのメタで勝つとは思わなかった。
加えてソウルは去年から通してNYに初勝利となる快挙。
NYは優勝候補でバンクーバーとの決勝戦で盛り上がると思ってただけにソウルの意地が凄い。

決め手となったのは終始Michelleのソンブラ。
Stage1のソンブラというとGuradやDantehがあがるけど、ここでMichelleが最後のサージミスまで含めてぶっ刺さった。

www.youtube.com

Nenne最後のサージ。

逆に言うと、NYが相手のウルトやスキルをうまく受け流して、崩して、体制立て直しつつじっくり反撃するというひたすら防御の上手いチームというのはGoats以前の去年からのスタイルだが、上手いソンブラ相手に他のチームよりじっくり時間を使うというのがソンブラEMP回転させるスキを与える事になってしまった。NYのGoatsスタイルにこんな弱点があったとは。

そこをみつけて、Michelleがうまくソンブラ使えたソウルが上手だった。NYは今日まで何度も圧倒したソウルではなく、対ヴァンクーバー向けに集中してたかもしれない。

個人的には守り最強のNYと、攻め最強のバンクーバー勝戦を楽しみにしてたが、このパッチでの対戦はこれで実現せずという結果に。


f:id:BeansGun:20190301044712p:plain0vs3f:id:BeansGun:20190301044700p:plain

https://www.twitch.tv/videos/399224288


ま、ここはしょうがないね。


f:id:BeansGun:20190301044640p:plain1vs3 f:id:BeansGun:20190301044709p:plain

https://www.twitch.tv/videos/399716861

前回は大接戦だったものの、今回はめちゃくちゃDafranのサージがPokoに吸われるわ、PokoBombが決まりまくるわで、Pokoキャリーだった。前の戦いでDafranが「look.Mind game」とPokoを欺いた事を配信で解説してたが、あれを根に持って研究しつくしたんだろうなw PokoはDafranに煽られたあと他の試合でも吸ったりフェイント混ぜたりを多用するようになった。

チームはこのプレイオフがDafranの引退試合と知ってるから花を持たせたかったろうが残念。


f:id:BeansGun:20190301044637p:plain  3vs0f:id:BeansGun:20190301044653p:plain

https://www.twitch.tv/videos/399750188

トロントは3位通過だけど、その5勝全てが下位チームなのでこの結果はあり得た。


SemiFinals

f:id:BeansGun:20190301044647p:plain0vs4f:id:BeansGun:20190301044700p:plain

https://www.twitch.tv/videos/400127743


トーナメントに見えたプレイオフで、ソウル戦が一番上、バンクーバー戦が一番下にあってなんで次この組み合わせなのか不思議な人もいたと思うけど、トーナメントではなく、1回戦勝ちあがった1-8位までの一番上位と一番下位がここで当たって、次の試合が2番目の上位と下から2番目が当たる仕組み。

つまり1位通過は常に下位と当たるおいしい権利があり、8位通過は常に優勝候補と当たるつらいプレイオフになる。このためみんなプレイオフ確定で安心せず最後まで上位通過やマップ数勝利を狙う動機が生まれる。

結果ソウルは対NYプランはあっても、対バンクーバープランはなかったようだ。NY戦と同じようにMichelleソンブラ出すものの、圧倒的攻撃GoatsなバンクーバーではEMPを溜めて回す時間がない。ソウル攻めの時はまだじっくりソンブラを出すことができるが、それでもオーバータイムギリギリ。守りの時はNY相手にしたようなソンブラ出すことができずバンクーバーGoatsにあっけなく飲み込まれる。

バンクーバーの攻めGoats戦術は、Bumperに調和、他バリア、マトリクス、ブリ回復パック、全リソースつぎ込んで敵の中央を分断して乱戦に持ち込むやつ。分断以降の乱戦の細かな立ち回りを相当研究してるようで、Bumperが死んでもあたり合いの勝率が高い。

しかしNY戦術が上手いソンブラにスキができるように、バンクーバの戦術にも弱点はある。

f:id:BeansGun:20190331011028j:plain

バンクーバーがプレイオフ以前に大接戦したのはCHARGE戦と、パンダ戦。パンダは例のハム3DPS構成。そして初期のCHARGEもパンダ3DPSを得意としていた。2戦目最後にもう一度CHARGEと戦った時は、CHARGEが6戦終えてこのメタでパンダ通用しないとGoatsスタイルに寄ってしまった戦術ミスで、0-4ときもバンクーバーに一矢報いたのはパンダ構成の方だった。

バンクーバーにハムが通用するというよりは、ファラ込みの3DPSスタイルにバンクーバー戦術は弱い。ただマップ構成上どうしてもハム3DPSよりGoatsが強いところが多くなるので、3DPSで取れるところは全部3DPSでとり、あと一本どうにかGoatsで取れるかどうかを勝負所にすれば対バンクーバー戦術となるだろう。

NYの戦術を破ったソウルだが事実上の決勝戦とはならなかった。

f:id:BeansGun:20190301044637p:plain 4vs0 f:id:BeansGun:20190301044709p:plain

https://www.twitch.tv/videos/400173863

ここで勝った方がバンクーバーとのグランドファイナル。
サンフランシスコは一度、Viol2tデビュー戦でバンクーバーと戦って1-3で負けてるので個人的には一度もバンクーバーと戦ってないフィリーが上がってほしかったが結果は4-0。

かたやCarpe、EQO、SADO、Poko、Boombox、Neputuno、
かたやSinatraa、Rascal、super、Choihyobin、Viol2t、moth。
この2チームが接戦とならないのも意外だが、試合内容はそれぞれのロールがちょっとづつ上回ってたように見えた。



GrandFinal

f:id:BeansGun:20190301044700p:plain4vs3 f:id:BeansGun:20190301044637p:plain

https://www.twitch.tv/videos/400769235

決勝にふさわしい最高に盛り上がった試合。
バンクーバー勝利という下馬評どおりではあるが、常にマップリードしてたのはサンフランシスコ。これがBO3やBO5ならサンフランシスコの勝利だった。

f:id:BeansGun:20190331012910j:plain

取得マップを見ると、コントロールとアサルトは全てサンフランシスコ。ハイブリッドとエスコートは全てバンクーバーとお互いの得意マップがハッキリしている。つまりペイロードが絡むマップでバンクーバーは強い。7戦目がもしエスコートでなくアサルトだったらと思うと。。。

バンクーバーはコントロールやアサルトも強いのだけど、ここで大活躍したのはChoihyobinのDva。火力、単独自爆、立ち回りと申し分なし。OWLにおけるGoats Dvaにはさまざまなスタイルがあってもどれが決め手かわからず、Goatsにおいて良いDvaというのがわからなかったがChoiはGoatsにおけるベストDvaにかなり近いことをここで証明したと思う。

例えばざっくりしたDva評。

NotE(ボストン)
超アグレッシブでブーストの2秒を全部突撃接射に使って帰り道考えずに敵を殺しきる。去年のボストンStage3無双に由来する超攻撃スタイル。もちろんデスも多い。

Choi(サンフランシスコ)
アグレッシブなDvaでブーストの1.5秒を突撃接射に使い、残り0.5秒で上空や高台や後ろに引く。0.5秒しかないので必ず高台にあがれるわけでも、必ず引けるわけでもない。エネルギー溜まってないザリアなら接射タイマンも仕掛ける。

Fury(ロンドン),Space(LAヴァリアント)
ブースト溜まり次第ガンガン使い、1秒突撃接射して1秒で高台へ移る。屋根の滑り台も利用し、空中滞空(攻撃)時間がかなり長い。2人とも去年のダイブスタイルにおける火力やキルデスにおけるベストDva。(Goatsとは合わない?)

JJANU(バンクーバー)
バンクーバーの戦術に沿って、ときにBumperを守り、ザリアを監視し、Bumperが割ったモーゼの海を処理する立ち回り。

Meko(NY)
NYの戦術に沿って、前に出ず高台からちょっかいだして誘ったり崩したり、引いて守ることに専念。

その他
ザリアに焼かれない距離でDvaとして火力を出せるよう、それぞれのバランスで上手く立ち回る。

Dvaとして特に個性的に目立つ動きしてるのが、上のNotE、Choi、Fury,Spaceで、チーム戦術に忠実なのがJJANU、Meko。その他のDvaが劣るというわけではなく、それぞれのDvaなりにハルトの盾裏と、高台取るバランスが違ったり、ブースト使うバランスが違ったりでどれが一番良いDvaかはOWLレベルだと判断しづらかった。

サージ自爆はチーム戦術なのでDva個人の力ではなく、上手く単独カウンター自爆できるDva選手ばかりだが、それを個人の判断で使うかどうかもチーム戦術の一つ。

その中でChoiのDvaがGoatsとしては一番火力出し続けながら生き残れるギリギリのバランス運用だったのではないかと思う。

f:id:BeansGun:20190331015942j:plain

サンフランシスコの戦績を見ると結構圧勝が多い。
(プレオフでソウルと戦ってるのは誤植と思われる)
トロントのように下位チームにだけ勝ってるのかなと思いきや、最後に上位フィリーを4-0で倒してその戦績が本物と証明。

アナリストに「SUPER BAD」と揶揄されたその日に「SUPER GOOD」に生まれ変わったメインタンク superをはじめ、罰則明けのViol2tもチームになじみ、smurf、Nevix、sleepy、strikerとのローテーションをやめ、後半固定メンバーが決まってきたのもよい傾向となった。2/25のバンクーバーとの戦いから成長し最適化してきたサンフランシスコ。

superは犠牲となってしまう場面も多いが、SeoMinSooよりぐっと前に出るsinatraa、攻撃的なChoi、第2のJJONAKかと思われるViol2t、絶好調のmothでバンクーバーに負けない乱戦制圧力をぶつけた。

BumperはNYを最強の盾、バンクーバーを最強の矛としてぶつかれば矛が盾を突き破る比喩をしていたが、サンフランシスコの解答はさらに強い矛をぶつけてほんとにギリギリの戦いだった。

サンフランシスコはリーグ開始前の下馬評が高いわりに第3週までつまづいてたので、ここから本領発揮と楽しみなチームになりそうだ。

バンクーバーはもう見事というしかない。
各チーム人間辞めたチートみたいな選手が1人か2人は紛れ込んでるが、全員がリーグ水準を超えてるチームというのもそうない。バンクーバーはBumperやSeoMinSooがとんでもなく高評価となってるが、個人視点ではチートレベルとまでは思えない。その代わり6人全員がリーグ水準を超えてそうな稀有なチームで、その絆も固い。何か互いに成長するチーム内の仕組みでもあるのだろうか、、、


f:id:BeansGun:20190331022624j:plain

レイオフ直前までのザリアダメージスタッツ。
sinatraaとSMSが強調されてるのはグランドファイナルの2回目のハーフタイムで出てきたため。

個人的にはSMSやIVYよりトラッキングがやばいと思うCarpe,Diem,BaconJack,Happyが入ってないのが気になるが、Carpeは後ろで引いてたり、ランキングのってても前に出てダメージ出してランキングのってもデスがどれだけか見ないといけないし、sinatraa,IVYは対戦相手に恵まれていて、Diem、Bacon、Happyはその逆。

その辺を差し引いて考えてもsinatraaの数値は抜けてて凄い、、

ちなみにTwitchの !sens で見れる現在の sinatraa DPI設定。

f:id:BeansGun:20190331030817j:plain

ザリアとトレーサー eDPI 7200もあるのか。
結構ハイセンシ。
マウスはおなじみG Proワイヤレスですね。


レイオフ上位チームのザリアで、SeoMinSooもNenneも特にCarpeはビーム届くかどうかの引いた距離で戦っててGoatsザリアはそれが正解なのかと考えてたが、sinatraaは積極的に前に出るタイプ。Goatsにおけるザリアの正解というのはなくて、結局チームのスタイルによってどういう動きが適切かという、、当たり前の事か。 そう考えるとスタッツ比較もあまり意味ないのだけど。



Stage1で残念だったのは、NY vs VANが見れなかったこと。VANはNYの弱点であるソンブラを出さないし、NYもVANの弱点である3DPSを出さないので最強の盾と最強の矛の試合が見れるかと思ったが、このパッチでの対戦はかなわなかった。

そしてGoatsなのにフィリーのFragiが結局出なかったこと。去年のベストハルトだと思うんだけどな。Fragi出たら勝てるという確信があるわけではないが個人的に試してほしかった。

最後にDafranの離脱、、、リーグで一番の人気者が離れるのはOWLとしても痛手。


まあでも最後の決勝が一番盛り上がったのは幸い。セミファイナル、グランドファイナルが流れたABC放送はアメリカ4大TVネットワークのひとつらしいので(日本でいう日テレ?) 4-0ウォッチにならなくてよかった。

ja.wikipedia.org

ABCは総合メディア・コングロマリットウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下であり、ABC Inc.(通称ディズニー゠ABC テレビジョン・グループ)の一員である。テレビ放送は1948年に開始。ABCは職員数ではなく、収入額で世界最大の放送局である。ABCはかつての3大テレビネットワーク、のちにFOXを加えた4大テレビネットワークの一つで、その放送番組はアメリカの大衆文化に大きく貢献した。


Stage2もまだGoats健在しそうだけど、かつてない大規模調整はいろんなこと試す必要あってかなりカオスになりそう。去年だったらこのタイミングで新パッチはあたらないのだけど、アナリスト予告だとすぐきそうだね。選手は大変だけどライブサーバーに合わせた方が僕らがランクマプレイして試行錯誤してるのとシンクロするわけで絶対盛り上がる。

www.youtube.com


パンダ強くなるかな?w