beansgunのOverwatchメモ

シルバーレートがオーバーウォッチにおけるAIMを考察するブログ

オールアクセスパスじゃなく、ワールドカップビューワーに課金したい。2019 OWL Day1 感想

。ついに2019 OWL開幕!

https://www.twitch.tv/videos/380714481

Twitchでは34時間お試しで使える、選手個人視点、俯瞰マップ視点(その他おまけ)が見れる2019オールアクセスパスが15ドルで買えます。

でもね、群を抜いて神ツールだったのは2018ワールドカップでのビューワー。いつでも見れるしフリーカメラでスローも巻き戻しも自由自在に可能。あれに年間20ドル払ってもいいのに。

最近新作大ヒットがないActivision Blizzardとしてはリストラや各タイトルの大会運営縮小に動いてる影響か、Twitchのコミュニティ機能と視聴数を選んだということですかね。リーグ後半にはオールアクセスパス売り切った後、しれっと課金ビューワーも出すかもしれないけど。

まあ個人視点が見れるだけでとてもありがたいです。Goats構成は僕だとメインカメラで見ても何やってるかよくわからんので、気になる選手ずっと追いかけれるだけでとても面白い。

さて、Goatsメタのまま突入したOWL。新8チームが参加し、去年の12チームも多くがリフレッシュされ、どこが強いのか全く予想できない。海外でいろんなアナリストがパワーランキング付けてましたが、やってみないと分からないでしょう。

第1戦、フィリーVSロンドン

https://liquipedia.net/overwatch/Overwatch_League/Season_2

f:id:BeansGun:20190215205150j:plain

f:id:BeansGun:20190215212605j:plain

f:id:BeansGun:20190215212608j:plain
第1戦は去年のグランドファイナルを戦ったフィラデルフィア対ロンドン。
Hotba意外ほぼ出場メンバー変わらずの再戦でしたが、Philyが雪辱を晴らします。

僕はOWLレベルの選手になるとGoatsのザリア、Dva、ブリギッテ、ルシオの差がよくわからなくて、メインタンクの駆け引きとゼニヤッタの差に注目しています。チームとしての動きの駆け引きもお互い研究しまくってさすがに収束していく(いる)だろうと。

ここはBdosinよりBoomboxのゼニヤッタのキルログ、ファーストキルが目立っていたので勝負ありですね。CarpeザリアのバリアはWCのときから相当センスあったのでそこも差があったかもしれません。

f:id:BeansGun:20190215235534j:plain

f:id:BeansGun:20190215235538j:plain

GestuerとSADOのスタッツ比は、ハルトでGesture、ウィンストンでSADOですね。

ロンドンで他に注目してたのは去年のプレイオフで覚醒したProift。しかしこのメタではブリギッテなのでグランドファイナルのときのやばさは感じません。

もうひとりがDvaスタッツのトップレベルを維持するFury。今までDvaにメインカメラいくことがほとんど無かったのでどういうムーブしてるか謎でした。今日は3試合6人分のDva視点だけ見てたのですが、Fury意外の5人はよく大会で見る動き。

でもFuryのDvaは高台飛び回るトレーサーですね。ブースト使う数と空や高台にいる時間が他のDvaの1.5倍ぐらい多い。他のDvaはノンリロードなので正面で火力出し続けますが、Furyは動き回るたびの視野確認もめちゃくちゃ広い。ブーストは必ず1秒突撃して最大限の近距離火力だしつつ1秒で高台へ戻ってヘイト集め、6秒ごとに高台の立ち位置が代わり、ウィンストンみたいな屋根の上や上空ブーストのリキャスト稼ぎを多用し、ブースト溜まる前に次にどこへ飛ぶか頭の中で瞬時に判断してセッティングされてる。 FuryのDva個人視点はリーグレベルでも他と違うので一見の価値ありかと思います。Goatsでそれが正解かどうかはわかりませんが。

ロンドンはまだ見ぬKrilinゼニヤッタに期待しましょう。

第2戦 NY vs ボストン

f:id:BeansGun:20190215220549j:plain

2戦目、常勝NYと、内紛でStrikerが抜けロスターがボロボロになりかけたボストン。
そのボストン相手にほぼ互角の戦いでNYが辛勝。

f:id:BeansGun:20190215220915j:plain

f:id:BeansGun:20190215220918j:plain

 初めて見るDPSのNenneとblaseは気になりますが、 Goatsメタなので真価を見るのはメタ変わってからですね。

肝は、Mano x JJoNak vs Fusions x AimGod となります。
ゼニは当然のようにJJoNakが上回りますが、ハルトはFusionsが圧倒。
ワールドカップ Goatsでも、韓国からポイント取ったのはFusionsのハルトと、Fragiのハルトだったので、この戦いはほぼ FusionsがJJoNakごと転ばせるか JJoNak が抜きまくるかの戦いになりました。

去年のNYには3つの強みがあって、
1.最強ゼニヤッタJjonak。
2.コントロールを絶対落とさないトップレベルヒットスキャンPINE。
3.DPSもタンクもリスクを取らないリーグ1の「受け崩し」の立ち回り。

この安全な崩しに徹する立ち回りがゼニヤッタに優しく、4マップ中、PINEがコントロールを必ず取り、5マップ目の「タイブレークコントロール」も必ずPINEが取るので、NYの仕事は残り3マップのうち1回だけ勝てば試合に勝利できるという常勝軍団でした。

変わってGoatsメタでPINEの出番はありません。
Saebeolbeの死なない立ち回りのトレーサーも出番はない。
安全な「受け崩し」の立ち回りもGoatsでは不可能。
このメタでNYの強みはもうJJoNakしかない。
ボストンの強みもFusionsしかないという状況。

それを、NY自身分かってたと思って「Manoの強化訓練」あるいは「Fusions,Fragi並みのハルト使いを呼ぶ」、そして3番目の強みを埋めるGoats対抗のNYらしいスマートな解答を期待してたのですが、ふたを開けたら特に用意されてなかった。JJoNaKという強みだけでこの後のシーズン戦えるでしょうか。

第3戦 ソウル vs LAグラディエーター

f:id:BeansGun:20190215230404j:plain

f:id:BeansGun:20190215231652j:plain

f:id:BeansGun:20190215231650j:plain

去年LAGにいたFissure、古巣と因縁の対決を勝利。
去年調子悪かったソウルでLAGに勝ったのですからFissueの代わりに入ったrOarとの格付けも完了ということでしょうか。

f:id:BeansGun:20190216020256j:plain

でもまだPankerがいますね。ソウルのMichelleはよいトラッキングしてたのでちょっと追いかけてみたいです。Fissureがいる限りMarve1の出番はないでしょうか?

ここも接戦だったので、次はまた分からないですね。

第4戦 上海 vs HANGZHOU

f:id:BeansGun:20190216000754j:plain

Twitchコメント欄に0-41 が並んでましたが上海初勝利ならず。

f:id:BeansGun:20190216000911j:plain

f:id:BeansGun:20190216000913j:plain

どちらも中国チームですが、先発にguxueもKristalDiyaもいないのでオール韓国戦。

diemは、Carpeの親友でパシフィックコンテンダーズ優勝した元ArdentのDPSです。Carpe diem(カルペディエム)は、ラテン語の詩で「その日をつかめ」らしく、友人が同じOWLの舞台に敵同士として立つドラマがありますね。

f:id:BeansGun:20190215212443j:plain

Diem がDoatsに対してウィドウメーカーでキルを取っていく。

f:id:BeansGun:20190215212453j:plain

天敵ブリギッテにパルスつけまくり。トレーサーはパルスでブリ倒さないと仕事始められません。とはいえDiemの個人技でDoatsといい勝負するも、あと一歩及ばずで次のマップからはGoats構成に。

f:id:BeansGun:20190215212500j:plain
気になったのはDPS登録されてる YOUNGJIN が最後までメインタンクを勤めていたこと。(途中リーパーも出して3DPSしてましたが)

どうもFearlessは戦力外通告か、韓国で静養中の噂。
12日に急遽ボストンからGamsuが金銭トレードされたばかりで合流するまでは、メインタンク経験のあるYOUNGJINが担当。上海の初勝利はGamsu来てからですね。

f:id:BeansGun:20190215212503j:plain

上に自爆が投げられNoSmiteのハルトがベストなタイミングでYOUNGJINを引きはがしチームキル。といった合わせはやはり本職のメインタンクの方が練度高いです。

f:id:BeansGun:20190215230517j:plain

4マップ目はGUXUEも登場。
ウィンストンでなくハルトで大活躍します。
Chengdu HuntersにいないのはHangzhouが金に物言わせた飼い殺しかと邪推したのですが、ちゃんと出番あるし活躍するし良かったです。

本職メインタンクなしでの戦いなのでこの2チームの評価は保留ですね。
ただ、前の3試合でピックしてはつぶされるだけのリーパーが活躍したマッチでもありました。


GoatsやDoatsミラーばかりかと思いきや、ソンブラは結構混ざってきて、3DPSや4DPSの活躍、ryujehongは得意のアナをファーストピックし、オリーサバスティオンもメタに入ってきて、surefourによるOWL初のシンメトラダメージ、リーパーがいくつか試されるなど、いろいろ試行錯誤のある面白い試合が多かったです。なにより個人視点で好きなプレイヤー見れるのがいいですね。

f:id:BeansGun:20190216014513j:plain

明日は朝9:00からこの組み合わせ。

ダラスはシーズン3でメンタル壊れたEFFECTの復帰に期待。
サンフランシスコはStriker,Smurf,Viol2t,Rascal,と超強化。
ヒューストンはDanteが入ったのでソンブラやるかもしれませんね。
フロリダはほぼ韓国チームに生まれ変わっての再出発。
アトランタはDafranファンボとして応援しますが、いまから心配ですw
Chengduは本当の中国チームとしてメタ壊してくれるの期待。あとBaconJackでないかな。
Guangzhouと、トロントはよくわかってない楽しみなチーム。
しばらくは新チームのお披露目と、旧チームの仕上がりをみるだけでも楽しめそうですね。