beansgunのOverwatchメモ

シルバーレートがオーバーウォッチにおけるAIMを考察するブログ

JUPITER、Contenders Trials Pacific 2019 Season1 惜しくも3位

Overwatch Contenders 2019 Season 1 Trials: Pacific - Group Stage - Liquipedia Overwatch Wiki

f:id:BeansGun:20190204172954j:plain

いや、JUPITERならTrials楽々突破だろうと高をくくってましたが意外な結果に。
ルールが変わったようで、前は上位4チームがContenders出場でしたが、今回からOpenDivisionも含め上位2チームづつ上に上がる方式になって、3位のJUPITERはまたOpenDvision Season2への挑戦からとなります。

1位のincipienceはOpenDivisionで負けたシンガポールチームですが、GrandXur.から枠をもらっての出場。日本のFortuNaもPluto StyXから枠をもらっての出場ですね。incipienceもODと違って今回はJUPITERを破ってますが配信なくて内容わからず。アーマーナーフされてもいまだGoats構成が続くこの1.32パッチでいったい何を変えてきたのでしょうか?

ちなみに1/27のOpenDivisionの結果はこちら。

Open Division 2019 Season 1 - Pacific - Liquipedia Overwatch Wiki

f:id:BeansGun:20190204173810j:plain

2位がCyclone Couplingとなってますが、ロゴはたぶん中国語読みのCoupingで、クーピンかコーピンか意味知りたいですね。

f:id:BeansGun:20190204174919j:plain

f:id:BeansGun:20190204174940j:plain

僕からみてもX69と、GCGGのアナはすごかった。
WorldCupもそうでしたが中国チームはGoatsにそこまでこだわってる感じはなく、ミラーマッチにならないのが面白い。みんながGoatsという正解で戦ってるこのパッチでいかにGoatsを超えるか、崩すかという戦術に特化してきてたかもしれません。

最終マップ疑惑の判定もありましたが、、

https://www.twitch.tv/overwatchzhtw/clip/GracefulInspiringHamburgerKappa


ステルス中のソンブラに1発目ヘッドショット。
とはいえこのマップ、敵に当たる前は何度か他のプレイヤーがあちこちソンブラ探すためにスキルきってたりするので、相当警戒してました。ステルスは見えなくてもロケーターが天井になげられたのを6人のうち誰かが見て、報告入ってからの偶然と考えるべきでしょうね。ウォールハックつこうたとかではなく。

 
JUPITERのOpenDivision S2に期待ですね。
世界というか、韓国WC代表に4-0で勝つぐらいの気持ちで応援したいです。

僕の考えですが目標が「Contenders優勝」のときと「韓国WC代表に4-0で勝つ」は練習内容や取り組み方が違ってくると思うんですよね。「韓国WC代表に4-0で勝つには?」だともはや努力や根性ではなく考え方の次元が変わってくる。

サッカーのワールドカップとか見てても思うのですが、Top8を目標に20年頑張ってもTop16から抜けれない。サッカーはやはりEUや南米が強いですからね。そうじゃなくダブルスコアでWC優勝するとかありえないおかしな目標あったほうが根本的な発想から異次元になっていいのではないかと思ったりします。あえてその目標を口に出す必要はないので。

「韓国、意外とたいしたことない」って目線があると見えてくるもの違ったりするかもしれませんね。