beansgunのOverwatchメモ

シルバーレートがオーバーウォッチにおけるAIMを考察するブログ

Contenders Pacific Season2 CAGがベスト4進出!

f:id:BeansGun:20180810132157j:plain

www.twitch.tv

レイオフ パッチはハムスター、新ソンブラ、新メトラ ありの現行1.26。

CAG 対 EXL 戦、ステルス無限となったソンブラにまったく対抗できない CAG は EXLに常にリードされ続ける展開で、延長BO5の最後の瞬間まで追い込まれこの試合ハマりまくったAmekenバレッジでやっと辛勝できるというギリギリの展開。ほんと熱かった!

f:id:BeansGun:20180810132701j:plain


あとで知ったけど、予選Aリーグは、上位5チーム全てオール韓国人。
CAGが全勝したBチームには韓国チームはない。
チーム所属国ではなく主要選手ベースでチーム数考えるとContenders Pacificは

韓国 5
台湾 2
タイ 2
日本 1
シンガポール 1
オーストラリア 1

の12チームとなってる。
ちなみにContendersは、Contenders KR、Contenders Australia が存在するので、より多くの国の多様性としてはそっちいけよという気はしないでもない。

韓国5チームの中でEXLは4位の格下かとおもいきや、1位のMonster Shield KRに勝ってるので、プレイオフ進出4チームは群雄割拠といえる。

ハム太郎がランクマ実装されたのが前日なので、ハム太郎デビュー大会でもあった。
CAGの課題としてはソンブラ対策だろうが、準決勝は本日。
1日でどれだけ修正できるだろうか?


他の試合、1戦目はMonster Shield VS Blank はMonsterの勝利。

台湾に長期滞在難しいという理由でContenders Pacificだけは特別、準決勝までオンライン大会となっている。この影響をもろに受けてるのがオーストラリアBlank Esports。ワールドカップ2017でも日本代表を倒しベスト8になったチームだ。

d3watch.net
この記事によると、BlankはオーストラリアからPing200で台湾のPacific大会に参加してるとのこと。Contendersはオーストラリア単体でもあるのだが、Contendersの前身から参加してるためPacificの権利を持ってるため、常にオフラインだったシーズン1も台湾へ参加しにきた。シーズン2からいきなりオンラインでPing200というのは厳しすぎるといえる。

Pingは150あたりから、Dvaやトレーサーのブリンクがガクガクし始める帯域だ。
当たり判定は自分のPCで行われるので弾が当たらないことはないが、ギリギリで壁に避けたはずが当たってるという「避けれない」問題が発生する。

よくそれで勝ち上がってこれたなと思うし、このプレイオフ戦から台湾へ渡って台湾のホテルのPCから参加とかだったらいいのだが、たぶんオーストラリアからのプレイなんだろうな。Monster Shiled に3-0に敗退となってしまった。Pacificがこの環境だと、オーストラリアDivisionからオーストラリアContenders目指したほうがいいかもしれない。

第4試合の、Machi(Aリーグ2位) VS Xaiver(Bリーグ3位) は意外にも タイの Xaiverが3-0で勝利。このときMachiが、ログインエラーか何かで試合開始時間に選手揃わず、1本落としたところから試合始まった。Machiは6人しか登録されてないので1人でもPC不具合起こしたらアウトという意味でも怖いオンライン大会。
オフラインならPCの不具合は運営の落ち度だからね。

それでも3-0という成績は、BO3だったら文句無しでやはりXaiverの勝利なのでここは新メタに対応できたXaiverがうまかったということだろう。CAGの今日の相手となるが、予選リーグでは勝てたものの、どうなるかまったく予断を許さない。

今日の準決勝はMonster VS Talon が 20:00スタート。
CAG VS Xaiver が22:00スタート。
前の試合によって少し前だおしはあるかもしれない。

なんて思ってたら、、

オーバーウォッチ:8月10日Liveアップデート!新イベント『サマー・ゲーム 2018』の開催やヒーロー12名のバランス調整。 -% %sitename%%

 

そうだよ、今日1.27のアップデートじゃん!
オンライン大会だから、1.27で戦うわけだ!
(これは勘違いでした。オンラインでも1.26ダウンロードできるのか、専用サーバーに接続できるのか、大会は1.26でした。)

サマーイベントは8/10と予告されてたけど、完全に忘れてたw
当然4チームともPTRで対策してると思うのだけど、、、案外これ忘れてるチームいたりするんじゃないか?w

調整で大きく変わるのは、

アナ
●ナノブで300回復。
●ナノブ射程距離30m > 40m。

ブリギッテ
●シールドバッシュ 6秒 > 7秒。

ハンゾー
●体術 4秒 > 5秒。

モイラ
●ヒールリチャージ1秒あたり 2 > 2.4

ルシオ
●オーラ半径 10m > 12m
●サウンドバリア 500 > 750

マーシー
●ヒール 60 > 50

ウィドウ
●フック 8秒 > 10秒

ザリア
●チャージ減少率 2 > 1.6
●グラビトン 8m > 6m

メトラ
●ビーム 10m > 12m


ブリギッテ、ハンゾー、モイラ、メトラはそこまで大きな影響無いかな。

ただ、アナはぐっと使いやすくなる。

ルシオは時代を取り戻すかのような大幅なバフ。
(これもうルシオモイラで回復充分じゃね?)

ウィドウもこれは流石に逃げれないし、手軽にAirショット狙いづらい秒数では?
実際ウィドウは元の12秒だと逃げれず機動力なさすぎて全然使えないキャラだった。
8秒という機動力だから逃げれて強ポジ自由に取れてOWLでもメタになれた。
トップレベルで強すぎたので10秒が適正か、他のDPSに再び光があたるね。

マーシーも厳しくなった。
確かにリザは唯一無二だが、復活させるのは自陣であるという条件がつく。
一撃必殺のウィドウを敵も味方も使わない場合、マーシーの出番も合わせて減りそうだ。

ザリアのグラビトン 6m ナーフより、
チャージ減少率が20%バフされたのは強いと思う。

このバフナーフの調整で考えると、
今回の1.27セミファイナル は マーシー、ウィドウの出番が減って、
アナ、ルシオ、ザリア、の出番が増えるかもしれない。

そんな感じで、今日の20:00, 22:00 から試合楽しみにしよう。

 
ちなみに、決勝、グランドファイナルは1ヶ月後の 9/14。
ワールドカップの前座にするつもりかな?
その間はオールスターなり、ワールドカップ予選なりみていくか。