beansgunのOverwatchメモ

シルバーレートがオーバーウォッチにおけるAIMを考察するブログ

パッチ1.26 はOWの解像度下げたほうがいいかもしれない

OW以外、特にいつものブラウザぐらいしか立ち上げてないのに、PCフリーズが2回発生。立ち上げ直しても発生したのが珍しかったのでビデオ設定を下げることにした。

各種ビデオ設定を「低」「OFF」の一番最低にしたり、レンダリング50%に落とすか、解像度を自分に問題無いレベルまで下げる。内部フレームレートもモニター144なのに、1msでも内部処理稼げるかと180とかにしてたのを144に戻した。


俺のPC不調だけじゃなく、いろんな日本の配信者見てても「重い」「ガクガクする」という配信を最近やたら多くみかけるようになった。

Dvaのブーストやトレーサーのブリンクでもガクガクするらしい。
それはping150など高いとき特有の現象だが、配信の左上PINGは60とかで問題ない。
サーバー側の問題かもしれないが、今まで何でもなかったのに調子悪い人は一応大事を取ってビデオ設定下げるのを推奨する。


わりと昔のグラボでも動くと言われてた処理軽めOverWatchだが、重くなることはありえる。パッチノートにいろいろあるように、ここまでいろんなバグを修正してきたからだ。ドゥームフィストとかバグのデパートだし。

バグを修正するのに根本的な対策が取られてればいいが、ランクマ止めるわけにもいかずとりあえずの力技で治すことがありえる。キャラが増えるほどバグの影響も累乗していく。そのバグ対策処理がゲームを重くすることはありえる。

なので同じプログラムが動いてるから自分のハイスペPCは問題なくオーバーウォッチを動かせると安心せず、調子悪い時は素直にビデオ設定下げたほうがいいと思う。1.26.xxxxx のパッチで直ることもあれば、また重くなることもあるだろうから。